赤ちゃんケア1日セミナー

中国のことわざには

「生まれた子をみると その子の1歳が分かる

 1歳の子を見ると その子の3歳が分かる

 3歳の子を見ると その子の8歳が分かる

 8歳の子を見ると その子の一生が分かる」

というものがあります

 

生まれたばかりの赤ちゃんは

未来に向けた大きな力と可能性を秘めています

生まれたその日から

発達の視点をもち アセスメント・ケアすることで

子どもの力は飛躍的に伸びていきます

 

子どもの人口が減る中で

発達支援が必要な子どもの数は急増しています

発達障がいの原因は「中枢神経系の機能不全」

と定義されています

では、中枢神経はいつ育ちますか?

高度感受性期は妊娠5週まで

髄鞘化する期間は、ほとんど生後12か月までの間です

生まれて最初の1年間は

生まれたときの子を見ると分かる・・・

これは、ことわざだけでなく事実です

 

子どもが発達につまづきを持たないように

新生児期から「発達」のアセスメントをしましょう

そして発達を伸ばすかかわりやケアの仕方を学びましょう

 

 

本セミナーでは、1日かけて

〇ひとの発達の基本

〇新生児期における発達評価ポイント

〇新生児の口腔観察のポイント

〇授乳アセスメント力の向上

〇発達を伸ばす赤ちゃんケア

 (授乳の基本・授乳につまづく赤ちゃんのケア)

学びます。

講義・実習を交え、翌日から実践につながる

知識と技術の習得を目指します

 

 

最初に覚えた口の使い方、体の使い方が

運動経験や歯並びの基盤となります

初回授乳が、親子にとって楽しい挑戦であり

心地よい出発点となることを願ってやみません

 

※11月7日(日)浜松市歯科医師会主催

浜松市民公開講座

「お腹の中から始まるお口育て」

が開催されます。

講師はわたしが担当します

生まれた時からのお口育てに関心を持つ方が増えると

予測されます

授乳ケアに関わる方、お口育てに関わる方、

ぜひご参加ください

 

日時:2021年10月21日(木)10:00~16:30 (昼・午後休憩あり)

場所:浜松市内 公共施設(3カ月前から予約開始のため後日発表します)

内容:上記参照

参加費:22,000円(税込) 資料・教材費込

持ち物

・筆記用具・飲み物

・赤ちゃん人形orぬいぐるみ

・薄手のフェイスタオル2本

・バスタオル1本

・必要な方は解剖学書

 

申込はこちら

(学び舎大地申込ページよりご注文ください)

 

問合せはこちら