お師匠に学ぶ

カイロセミナーin名古屋☆受講してきました。

10回シリーズの6回目。

テーマは『頸椎』です。

先生は、私のお師匠さん(渡部信子先生)のお師匠さん(山崎先生)。

カイロやって35年?の男の先生です。

 

首の骨。特に上部頸椎の調整の仕方を学んできました。

関西弁の軽快な口調で、

骨の構造。

なぜ、ひとは骨がゆがむのかを学び。

その後実践編です。

実習のときは、渡部先生も参加し、自らの体をモデルに

実習生に技を指導してくれます。

私の手をとって、頸椎を一つずつ辿って、診断や考え方について

教えてくれます。

 

お師匠、怒ると怖いです(ノω・、) ウゥ・・・

でも、大好きな人です。

どれだけ教える立場になっても、いつも実践の場にいる人だからです。

裏表がないからです。

現状の自分に甘んじず、常に進化している人だからです。

自分自身で、風を起こす人だからです。

 

お師匠がこんなことを言っていました。

「技術は、その人が死んだら残らない。だから皆さんに伝えて

 また、皆さんが多くの人に伝えることで残るんです。」

自らの体を張って、受講生の手足をとって、教えてくれるお師匠は、

私の目標であり誇りです。

時々、受講生に体を壊されても、それでも体を張って技術を伝えてくれます。

 

専門職として、お師匠がいるのはありがたい。

叱って欲しい時は、いつでもお師匠のところに行こう!

おしっこちびりそうになるけれど ρ(´ε`*)イジイジ

それ以上に前に進む力が沸いてきます。

 

さぁ、学んだらすぐに実践!

昨日より今日、今日より明日。

 

「技術」の意味

物事を取り扱ったり処理したりする際の方法や手段。また、それを行うわざ。
科学の研究成果を生かして人間生活に役立たせる方法。

 

『 人の役に立つ これこそまさに 技術っす! 』