新しい命との出会い

妊娠中から通われていた方たちの多くが、今月ご出産を迎えています。

「生まれました!」

のメールに私もテンションがあがります

オメデト(*^ー^*)∠※Pan!!。・:*:・

かわいいお子さんの画像をいただくと、

まるでおばあちゃんのような、温かい気持ちになります。

 

病院の中での写真だと思うのですが・・・

よく見たら「天使の寝床」のマットが使われていて!

ご自分で買われたものを、病院に持参し使われているとのこと。

本当にかわいらしい寝顔で嬉しくなりました。ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ

 

皆さんに共通して言えること・・・

産後に動けすぎる! ヾ(;´▽`A``アセアセ

体力づくり大事!

米袋5㌔は抱えてスクワット!

雑巾がけする!

と妊娠中から送ったメッセージ。

本当に皆様努力家でして (;´▽`A``

産後に病院内で走れるくらい・・・

 

お産後の方に、

「入院中、若い方なのに、ヨタヨタ歩いている人がいました!」

と、驚きの声をいただきましたが・・・

病院内で、スタスタ歩けて驚かれなかった?と聞き返すと、

「すごいね~!元気だね~!大丈夫?!と、確かによく言われました!」

とのこと(^▽^;)

 

いまや、産後に子育てのエネルギーが残る人は少数派なのかもしれません。

でも、とても大事なこと!

日本人は真面目ですから、子育てをがんばりたい!

でも、体がついていかない。

すると心もついてこなくなる。

でもがんばりたい。

この繰り返しで、体と心に差が出てきます。

それが産後クライシスに・・・(ノ△・。)

 

産む体力、子育ての体力、どっちも必要。

体を作った皆さんに拍手!

そして忠告!

動けるから!といっても、そこそこにして、

大きな仕事をした後の体をしっかり休めてくださいね♪

10か月にわたる妊娠生活。

命を生み出すという大仕事。

体を労わると、その後また元気に体は働いてくれます。

 

生まれた赤ちゃんが一番欲しいもの。

きれいで快適なお家ではなく、笑顔のお母さんです♪

お子さんのために、一番にやること。

ご自分の体を大事にすることです。

 

いただいたメッセージを一部ご紹介

「今回、ケアしてもらい、体操、知識たくさんもらい、最後まで動いて過ごせたので、

 上の子もいる中でとても助かりました。

 山口さんのおかげ・・・もはや、大地に出会っていなかったらどうなっていたのか、

 想像すらできないです。ありがとうございました。」

妊娠前からのお付き合いをしていた方です。

私こそ、こんな感動をありがとうございます。

お産の現場から離れた今でも、こんな感動をいただけるのは皆さんのおかげ^^

産んだ命

生まれた命

どちらにも心からの感謝です。

 

みなさん、落ち着いてきたら、また助産院大地に来てください。

お腹の上から触れてきたあの子たちが、どんなお顔をしているのか?

楽しみにお待ちしています^^

 

『 うみそだつ 新な命 秋の田のごと』