子どもの世界⑤

5歳の末娘と入浴中の出来事です。

 

娘「あ~あ、ドラえもんと会えたらいいのにな。」

私「なんで?」

娘「どこでもドアを出して欲しいんだよ。」

私「どこに行きたいの?」

娘「保育園とか、次に行く小学校とか。信号とかめんどくさいんだよ。」

私「アメリカとか、遠くにしなくていいの?小学校、歩いて20分だよ。」

娘「遠くは、飛行機で行けるじゃん!」

私「・・・そっかゞ( ̄∇ ̄;) 飛行機楽しいもんね」

 

娘「あとは、ママの心の中に行きたい!」

私「ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!! なんでなんで?」

娘「ママの心の中には “愛” があるよ♪ あと、優しい気持ちがある。」

私「((o(;△;)o)) なんと!ありがとう。 みなみの心の中には何があるの?」

娘「みなみにも “愛”はあるよ! あと、あったかい気持ち♪」

 

なんとも、お風呂で心も体もポッカポカになったひと時でした。

 

授乳の教室②では、私の卒乳体験も少しご紹介しています。

だんだん慣れてきましたが、気が緩むと泣けてきてしまうお話。

 

子どもの心の素直さって、本当に宝物です。

子どもたちがどれだけ大きくなっても、豊かな感性が尊重され、

自由な発言がしやすい世であってほしい。

そんな社会を作ろう!と思いました。

 

『 思いの丈を伝えると 2つの心が 光出す 』