女性の役割を考える

ねんねクラス、ころころクラスを2日間連続で行いました^^

子どもの育ちをのびやかに見守って欲しい。

次の発達を見越して、今できる姿勢の中で何をして欲しいか。

座らせる、立たせる、歩かせることがどれだけいかんことか。

本当に子どもの育ちを応援したいのなら、親が手だしすることは少ないのです。

 

ねんねクラスでも、ころころクラスでも、

心の底から伝えたいメッセージは、

「お母さんが自分の体を大事にすること。」

子どもの体をよくしよう! 順調に発達してほしい!

と思うのであれば、

自分の体を楽にしよう! お母さんも発達しよう!

が大事です。

 

お母さんの体に痛い所やしんどい所があれば、

子どもは必ずリンクします。

10か月もの間、同じからだで同じ時を過ごした存在なんですよ。

へその緒を切っても、体と心のリンクは切れません。

 

とにもかくにも、お母さん自身が自分の体を整えることが大事なんです。

日本の文化では難しいかもしれません。

日本の女性は、昔からよく働くと有名だったそうです。

かまどで米を炊き

井戸で水を汲み

全身を使って掃除や洗濯

布団の上げ下ろし

子育て中は、子どもを背負って家事をしていました。

そう!体力があったのです。

骨盤が緩んだ産後でも、子どもを何人でも抱えられる「体の力」がありました。

 

現代女性にその力はありません (TmT)ウゥゥ・・・

家事が楽になったことで、体の力は低下しました。

そのため、妊娠出産をとおして、あちこち体に不調が出てきます。

その不調は、そのまま子どもの不調となって表れています。

このHP内の “院長挨拶” にも書いていますが、

様々な不調を抱える新生児に出会うようになったことが、

開業のきっかけです。見たことがないような、体で生まれてきます。

 

これから妊娠を考えている方、妊娠中の方、子育て中の方、

どうぞ、ご自分の体が使いやすいかどうかお考え下さい。

体に痛い所がないか振り返ってください。

生理痛は普通ではありません。

尿漏れも体の不調です。

肩こり、頭痛、腰痛も、みんながそうだからと諦めないでください。

痛み止めを飲めば大丈夫・・・

大丈夫ではありません。

 

でも、現代女性は体の不調もすべて受け入れ?我慢して?

妊娠出産育児をしています。

 

日本女性に求められている役割が多いからだと思います。

(ここからが、今回のブログの本題です(^▽^;))

『女』 という漢字。

『くのいち』と、よく呼ばれています。

昔から違和感がありました。 皆さんはどうですか?

く = ひらがな

ノ = カタカナ

一 = 漢字

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄;)ノ

たった3画の漢字のなかに、文字が3種類も使われているんです!

それだけ、女の人って求められる役割が多いのではないでしょうか?

そんな暗示に見えています。

もちろん、なんでもこなせる器用な性とも捉えています。

 

皆さんは、ご自分にどんな役割があるとお考えですか?

家事も、仕事も、子育ても・・・・と浮かぶでしょうか?

 

私が思う、女性の大切な役割。

「笑顔でいること」です^^

お家にいる女性が笑顔だと、その家はパァッと明るくなります。

女性の笑顔は、それだけ力があります。

 

子どもを抱っこしているお母さんがいつもニコニコしていたら・・・

それだけで、子どもはぐんぐん伸びていきます。

 

そのために、ご自分の体を楽にしてみませんか?

体を整えて、体を支える力をつける。

それが、何よりの子育てだと思うのです。

 

『 抱く人の 笑顔が子どもは 大好きです 』