ころころクラスとおひなまき教室

ころころクラスとおひなまき教室を13日に連続開催しました。

ころころクラスでは、先の発達を見越して、親のかかわり方・離乳食の話・靴の選び方

をお話ししました。

動きがダイナミックになってくるのが、ころころ期の特徴です。

重い頭を上にして立ち上がると・・・・

重心を支える面積は、足の裏だけになります。

とても狭い面積です。

その狭い面積で体を支えるとき、助けになるのが、

腹這いや四つ這いで過ごしてきた、体の力です。

立って、どでんっ!と転ぶ子は、重心の位置の取り方を勉強中。

立って、すとんっ!としゃがめる子は、重心の位置がかなり上手にとれています。

上手なからだの動かし方は、上手な首の使い方と関連します。

綺麗なウンコ座りができるまでは、やっぱり首を支えて欲しい!

立ち上がるまでの発達のプロセスを学ぶとき、首を上手に使える方法を学んだ子は、

その後も首をうまく使えるようになります。

立って歩く。 とても大きな進化です。

たった1年~1年半で、進化します。

その間どうぞ親子ともに、首を守ってください

((o(=´ー`=o)(o=´ー`=)o))

 

今日の軽食は、

チキンピラフ

バターカボチャと根菜のポタージュ

 

とても美味しくできました^^

毎日がんばるお母さんへの、プレゼント。

人の手が作るご飯は、ひとを元気にします!

きっと♪o(@^◇^@)o

そして午後は「おひなまき教室」

2組のご参加!

ということは・・・そう!私がお母さんたちを巻き巻きです♪

見たらわかる!

2人の赤ちゃんと

2人のお母さんが、すやすや寝ています♪

 

いつも昼寝が短い子も、気持ちよさそうにすやすや♪

 

「お母さん!出たくなったら言ってね。

 外すから。」

(*^-^)ニコ

 

 

「・・・もう一生このままでいいです。」

ウトウト(〃´`)~o○◯・・・

 

本当に、40分以上このままで。

私もただただ見守るという・・・前代未聞の教室となりました。(^▽^;)

 

おひなまきがうまくいくコツ。

①おひなまきの良さを知っている

②巻かれる人の体がいい(巻くことができる体をつくってあげます)

③巻く人の体がいい(気持ちいい巻き方は、楽な体から生まれます)

④笑顔で巻ける(巻く人が真剣な顔で近づいてくる・・・ちょっと怖いです ^^;)

などなど。

 

なによりも、お母さん自身に、ぴったり巻かれることが心地いい♪

と分かってもらえてよかったです。

こんなゆっくりした時間の流れに、私も気持ちよくなりました。

 

次回おひなまき教室は2/7です。

来年から、毎月ではなく隔月開催となりますヽ(*^^*)ノ

 

『 そろそろね 開催します! おとなまき会 』