まるまる スリング着用教室

赤ちゃんクラスの入門編にあたる「まるまるクラス」です。

 

このクラスでは、赤ちゃんの成長発達で、なぜ「まるまる」が必要かをお伝えします。

背骨のS字状の湾曲を作る!

ことも、もちろんですが、

ひとの体の真ん中づくりをして欲しいのです。

 

子どもの手足は、いつも体の前にあること。

左右の手足が触れ合っていること。

手をお口に入れる、生後5か月頃からは足もお口に入れて欲しいこと。

こうすることで、子どもたちは自分の真ん中を決めていきます。

 

ひとの歩行・・・真ん中を軸にして、左右に手足を振って歩きます。

サッカーボールを蹴る、野球のボールを投げる・打つ、

トランポリンで跳ぶ、自転車をこぐ、縄跳びを跳ぶ・・・・

いずれも、体の軸を中心に動きます。

 

例えば、足をぶらぶらして抱っこ。

片手を親の脇に流して抱っこ。

こうすることで、子どもの体軸づくりは変化を起こします。

例えば、右によったり、ねじれたり・・・

 

抱っこが変わると、子どもの発達は変わります。

抱き上げも着地もやさしくしたら、体に緊張やこわばりを作らなくていい。

子どもの脇をもって抱き上げると、子どもの肩回りが緊張して

うまく「まるまる」にできません。

子どもを抱っこできるのは、本当に最初のわずかな期間です。

そのわずかな期間に、体づくりのベースがみっちり詰まっています。

 

大事に、大事に抱っこしましょう♪ ^^

 

そして、午後はスリング着用教室です。

 

今回は、全員が「えじりんぐ」をご購入♪

本当に、それぞれに似合う!!(o^∇^o)ノ

という「えじりんぐ」を選んでいただけました。

 

手足が真ん中にくること

股関節が育つこと

背中のまるまるができて、S字状湾曲の基礎ができること。

親子で密着することにより、子どもの心が育つこと。

 

スリングにはいろんな効果があります。

「えじりんぐ」は、必ず指導を受けた方のみに販売しております。

親子で体を崩さない。

子どもの育ちを最大限伸ばす。

そのためにも、2時間かけて

スリングの特徴、使い方をお伝えします。

 

教室のいいところは、互いの入れ方を見て、

ヒントやコツを学びやすい所!

 

コツをつかんだ人は、他の人に教え始めてくださって・・・ヾ(=^▽^=)ノ

 

ご参加してくださった皆さん、

本当にありがとうございました!

 

さてさて、恒例の追記?!

まるまる抱っこが上手にできると

スリングが上手に使えます

まるまる抱っこがうまくできないときは・・・

そう!

お母さんのからだづくりですよヽ(*^▽゚ *)ゞ^

スリングの布を選ぶときは、できるだけ丁寧に選びます。

もちろん!これ好き! と思って選ぶ布もあります。

今回は、私のお気に入りの布たちが選ばれていきました♪

『 好きな柄 み~んな売れて ちょい寂しい』