赤ちゃん ころころクラス

ころころしてます!

 

お母さんをみたくて

お母さんのところに行きたくて

ころころし始めた 子どもたちへの

関わり方の教室です♪

 

子どもの意欲を引き出すことが大事

親の手助けは本当に子どものためになるのか?

子どもができることはさせる!

 

このクラスで一番お伝えしたいことは

子どもが自分で動くことが大事!

ってことです。

 

立てない子を縦抱きにする

座れない子を座らせてあげる

独り立ちできない子を立たせる

 

これらが子どものためになるのか?

というお話です。

この子の姿勢!

 

腹ばいで頭が45°以上あげられる

足の指が(とくに親指)地面についている

肘が肩より前にきている

 

この姿勢ができたら、ここからは

親が子どもの姿勢に関しては手助けしないことが、子どもの発達を伸ばす秘訣です。

 

お腹を満たして、笑顔をみせて

楽しもう! 遊ぼう! って、同じ目線に下がる。

これがいい♪

 

ここから、子どもを伸ばすのは、

親と子どもが全力で一緒に遊ぶことです。

 

オモチャがなくても大丈夫。

新聞紙 ビニール袋 洗濯ばさみ おなべ フライ返し お玉 ボール ペットボトル

お家にあるものは何でもおもちゃになります。

 

もうひとつ。

自然の中に行きましょう!

自然はそれだけで、子どもの最高のおもちゃです。

ベビーカーだと効果は半減。

ねんね・ころころ時期の子どもたちは

抱っこやスリングで自然の中を歩きましょう。

そして、できれば、地面との触れ合いを楽しみましょう。

土・石・草のにおいや感覚を、できるだけ早い時期から味わいます。

 

寒いでしょ。

でも、少しだけ^^

さむいね~!!って、お母さんとギュってくっつのもいい!

 

ぜひぜひやってみてください☆

 

今日の軽食は、ハヤシライスソースとピラフ♪

すんごーく美味しくて、6合のお米を完食♪

お母さんの笑顔と元気の素になりますように・・・

いつもそんな気持ちで作ります。

 

『 ひとの手が 作るご飯は 仙豆です 』