まるまるクラスで考える 子どもの発達☆まるまるっ子☆

まるまるクラスです!

スリング教室と合わせて、毎月必ずやる!と決めている

大切な教室です^^

子どものからだを変えるのは・・・発達を伸ばすのは・・・・

毎日の生活の中にヒントがあります。

そう! 「抱っこ(とくに抱き上げ!)」 と 「寝かせ方」 この2つが大きい!

とんでもなく影響が大きいのです。

こんなことを強く思っているからか?!

今回のまるまるクラスには

妊婦さんがたくさん来てくださいました♪

 

そう、生まれてからいい抱っこと寝かせ方をして欲しい^^

重力に体がなじむ前に

体の真ん中づくりを

ニュートラルづくりをして欲しいです♪

 

写真は、抱っこからの着地の練習!

抱き上げと抱っこを大事にすると、

必ず着地も大事になります。

まるまる抱っこで寝かせた子を、まるまる着地すると・・・

みーんなほっぺが丸くて、気持ちよさそう☆

軽く見られているお昼寝。子どもの体や脳にとても大切な役割があります。

まとまって30分・・・いや1時間近くはお昼寝できる子になって欲しいです。

「昼寝はほとんどしません。15分くらい。でも夜はまとまって寝ます!」

っていう話よく聞きます。

専門家でも、「夜まとまって眠れるならいいね!」

なんて返したりします。

 

いやいや・・・・

それって、夜起きる体力がないだけじゃない?!

と、少し気になるご様子です。

 

お昼寝は大事。絶対大事! 眠れる環境を作りましょう^^眠れる体にしましょう^^

そんな寝かせ方のヒントをお伝えしています♪

 

そして、こどもの反り返りについて少しお話を・・・

興味のある方だけ、読み進めてみてください。

 

よく、まるまる育児を勧めていると、反るのがいかん!と思う方もいます。

いやいやそんなことないですよ!

発達の3原則(発達の正しい方向性のこと)のひとつに

「屈曲⇒伸展」があります。

屈曲を知っている、できる子が、正しい伸展を獲得するってことです。

反対の云いかたをすると、屈曲を知らない子、できない子が、

もしエビぞりになっていたら、それって反り返りかもしれません。

 

同じような「反る」っていう体の動き。

私がもっとも気にするのは、子どもが、

①自分の意志でやっているか

②自分の意志に反してやっているか です。

前者を私は「伸展」と呼び

後者を私は「反り返り」と呼んでいます。

 

伸展しないと、人は直立歩行ができません。

立つっていう姿勢は、重い頭を後ろに引き上げる力がないとできないからです。

腹ばい姿勢で、頭を持ち上げて、お母さんの様子を見ようとする。

これは、子どもが立つ練習をしています。

子どもを立たせないでください!って酸っぱくお願いするのは、

この練習が足りなくなるから。

親が宿題を肩代わりすることが、子どもの役に立たないからです。

 

「反り返る」子は、なぜに反り返るのか?

「屈曲」を知らないからです。

子宮の中でも、生まれてからも、寝床でも抱っこも、抱っこひもでも

まるまるっと、屈曲姿勢をとった経験がないと、

発達の飛び級をしてしまい、反り返りにつながります。

 

なぜに、まるまれないのか?

なぜに屈曲の姿勢がとれないのか?

原因は様々です。

 

だから、まるまるクラスでは、できるだけ、みんながまるまるを経験できるように!

手取り足取り、抱っこの仕方をお伝えします。

雑な抱き上げかたは、子どもの首・お腹・背中を緊張させて

「反り返り」につながりやすくなります。

いい「屈曲」がいい「伸展」につながります。

大切に抱っこしましょう♪

子どもの人生で抱っこできるのはほんのわずかです。

 

まるまる抱っこをしましょう!

起きているときは、元気にのびのびして遊びましょう!

固い床で過ごしたっていいんです♪

抱っこの時、ねんねの時まるまるにしましょう♪

メリハリのある子育て、子どもの発達に合わせたかかわり、

そんなことをすると、子どもはぐんぐん伸びていきます。

 

赤ちゃん教室でもいい、何でも相談室でもいい。

子どもの発達を応援するために、開業しています♪

 

気になったことは、バシバシ聞いてください^^

 

『 今日も明日も 子どもの発達応援隊☆ 』