最近の妊婦さんに思うこと

妊娠中の方の施術をしています。

ここがやりたくて、ここが最優先で必要だと思って開業したわけですが・・・

施術を受けてくださっている方の総数からみると、妊婦さんは半分以下です。

多い順だと・・・

産後の方

一般の方

妊娠中の方

子ども

こんなところです。

 

私が必要だと思う順番・・・

①妊娠前の人(赤ちゃん~一般女性、もちろん次の妊娠を望む産後の人も♪)

②それ以外の人

ざっくりし過ぎましたか?! ^^;

 

当院で一番お客さんが多いのは、赤ちゃん教室です。

子育て中に、泣く・寝ない・むきぐせ・発達が気になる・・・

などでご参加いただいていますが、

妊娠中から、体のケアをしている方は、産後の子育て全般的に

悩みが少ない傾向にあります(当院比)

 

体のケアは、何も施術を受けなきゃいけない訳でなく、体操や日常生活の過ごし方を含めたセルフケアでもいいのです。

 

まるまる育児には、「おひなまき」や「マイピーロ(首枕)」や「スリング」や「まるい寝床」

の使用を勧めています。

できれば・・・これらが、子どもに与えてくれるものを、

妊娠中から、子どもに与えて欲しいんです。

妊娠中の10か月の過ごし方は、生まれた子どもの1年間に大きな影響を与えます。

子どもの1年間は、3歳までの人生を、

3歳までの生活は、8歳までの人生を、

8歳までの生活は、一生の生活に影響を与えます。

 

こんな研究結果が、NHKで発表されていました。

「子どもの経済力は、子どもの人生のどのタイミングに投資をすると、あがるか?」

という研究です。

経済力とは、単純に稼ぐ力です。

いい学歴とか、IQではありません。

知力・判断力・行動力が必要なことだと私は捉えています。

 

皆さんは、どう考えますか?

1歳までの早期教育? 小学校まで?

 

答えは、

『妊娠期』です。

 

子どもが胎児期に、母体ができるだけいい状態でいることが

その子の将来の経済力に影響する!ということです。

 

ごもっともです。

 

私もそう思うため、助産院大地を開業しました。

 

本当は、サロンとか、整体院という名前にすれば、

法的な規制も少なく、営業はしやすいのですが、

助産院という名前にこだわったのは、妊娠期の支援こそ重要だ!

と考えたからです。

 

イカンイカン・・・短いブログに努めようと思ったのに

すでに相当長くて、先が長そう・・・(;´▽`A``

ま、しかたない・・

 

 

妊娠中のケアを、「骨盤ベルト」と思う方もいますが、

それだけで通用したのは10年までです。

子宮環境をよくお鍋に例えて話をします。

骨盤底筋が「なべ底」:底が抜けたら子宮は下がります。

肋骨含め呼吸筋が「鍋蓋」:呼吸の動きが固いと、子宮が上にあがれず、前にせり出すか小さめになります。

そして、子宮を包む腹筋が「鍋の寸胴」です。

寸胴の力が弱いと、子どもが横たわるように子宮に入っていたり、

逆子が改善しにくかったり、

歩くのがおっくうになるくらい、妊娠中の動きにくさが出たりします。

 

このうち。子どもの発達に大きく影響すると、

わ・た・し・が!考えているのは、

鍋蓋と寸胴 です。

もちろん、なべ底を軽視しているわけではありません。

背骨の土台となる部分なため、十分なケアは必要です。

しかし、現代の妊婦さんの体をケアしていると、

呼吸にかかわる器官のケアと、お腹周りのケアが欠かせないし、

そこをやらない限り、子宮内環境の改善が難しいのです。

 

私が妊婦さんの施術の中でやることは、

①呼吸の質を高めること

②子宮の中にいるときから、子どもを「おひなまき」や「スリング」に入った状態になってもらうこと

③骨盤を整えること(使える体になること)

この3つです。

 

妊婦さんにお願いしたいことは

①体を整え、それを維持すること(悪化を最小限にする)

②動くこと

③妊娠生活を楽しむこと

この3つです。

 

妊娠中の体づくりを大切にしてほしいんです。

子どもは勝手に育つなんて、

30年以上前の話です。

 

車に乗り、ネットで買い物をし、ベッドで寝て、洋式トイレを使う。

掃除で汗をかきますか? 洗濯ものを干すときは?

階段を3階以上 のぼったのはいつですか?

30分以上運動したのはいつ?

 

日常生活が楽になった以上、

体のケアは必須です。

 

妊娠中に、自分の体に手をかけることが、その後の子育ての労力を減らす!

過言ではありません。

 

いい体でいましょう^^

お産がゴールじゃないんです。

うちのお客さんたちに、切に願うことがあります。

 

死ぬまで、自分の足でトイレに行きませんか?

一生介護されない体を作りませんか?

 

不便な生活(映画トトロの中の、さつきとめいの生活)な中に、

皆さんの健康の & 子どもの健やかな発達の ヒントがあります。

 

『 悩ましい 短いブログが 作れない (T-T ) 』