肉まんもあんまんも餃子も作りました♪

2019年 平成最後の

肉まんあんまん教室が終了しました^^

前回は 台風24号で浜松市が大規模停電に見舞われ₍よくやった・・・₎

信号が機能しない道路ばかりの中

それでも18名中17名集まる!という奇跡的な回でした^^

 

今回は、みんなに手作りを体験していただきたくて、早々に募集を締め切り…12名のご参加♪皆さんありがとうございました!

4チームに分けて、好きなように作って食べて、余ったらチームで分けっこしてお持ち帰りです

作業工程はこちら・・

①肉まんあんまんの生地をこねる → 発酵₍布団乾燥機で包む₎

②肉タネを作る   あんこを丸める

③餃子の生地をこねる₍発酵不要₎

④成形する

⑤加熱(中華まんは蒸す、餃子はゆでるor焼く)

⑥食べるぅぅぅぅぅ ^^♪♪♪

チームプレイがとても良く! あっという間に?!できました^^

 

今回は春休み期間でもあり

小学生の子どもたちも大活躍です!

おなかペコペコな子どもたちが

美味しそうに ほぉばる姿を見ると

それだけで幸せ気分が満載です^^

食べさせているお母さんたちは

気が気じゃなさそうですが₍笑₎

 

前回 蒸し器を忘れてしまった山口ですが

今回は 調理道具とラップ類とレシピを

忘れてしまいました…

昔から 忘れ物王でしたが 今でも健在です

 


レシピをお伝えします^^

すごーく簡単です

お料理に失敗ってないんです^^

なので ぜひ おうちでもトライしてください!

 

まずは 生地のレシピです ( )内は今回実際に使用したものです


<中華まん>8個分

強力粉100g₍岩手県産ゆきちから₎

薄力粉250g₍静岡県産₎

砂糖  30g₍てんさい糖₎

BP    小2₍アルミフリー₎

塩    少々₍チベット産₎

湯 200cc₍ぬるくても可₎

イースト 小1₍天然酵母₎

油    15g₍米油₎

 

一気に混ぜてOK ひたすらこねて 

つやが出たら 発酵30~40分

膨らんでなくても 柔らかければOK

なんなら 硬くてもOK ^^

<餃子>20個分

強力粉200g₍岩手県産ゆきちから₎

※強力粉:薄力粉→100:0 ~ 50:50 割合は好みでいいです

塩  小1

熱湯 120cc₍粉の60%前後₎      

 

粗熱が取れるまでは箸で混ぜ 冷めたら手で耳たぶの硬さまでこねる

1枚ずつの分け方は 自由で結構^^



おつぎは 中身の作りかたです♪

あんまんのあんこは 和菓子「みくら」さんの 粒あんとこしあんの2種類でした^^


<肉まん>全部適当量

豚ひき肉  しょうがすりおろし

キャベツ 

玉ねぎ 青ネギ

しめじ(椎茸ほど刻まなくていい)エリンギ

れんこん(筍の代わり)

 

手作り塩こうじ  こしょう  酒 みりん

味噌  砂糖  オイスターソース 醤油

中華だし ごま油  片栗粉

<餃子> 全部適当量

豚ひき肉  しょうがすりおろし

キャベツ 玉ねぎ  ターサイ

えのき ニラ

 

手作り塩こうじ こしょう₍入れ忘れました₎

味噌 砂糖 ナンプラー ごま油 片栗粉

 

 



<包み方 蒸し方>

皮の外側を薄くのばす

中央に具をのせる

うまいこと包む

閉じ目は 肉まんは上 あんまんは下

強火の蒸し器で15~20分蒸す

<包み方 ゆで方>

皮の外側を薄くのばす

中央に具をのせる

うまいこと包む(ぜひ中国式で)

うまいこといかなかった餃子は焼く

沸騰したお湯に入れる

餃子が浮いてきたら さし水を入れて

再び浮いてきたら OK



中身ってなんでもいいんですよ^^

冷蔵庫にあるもので十分です

中身のポイントは2つ

①野菜はみじん切りはしなくていい(親指の爪より大きくていい)

②よくこねる

 

選ぶ野菜のポイントも2つ

①旬の野菜だけでいい (春キャベツ 新玉ねぎ だけでもいい)

②キノコをいれる ₍しめじやえのきは ハサミで2~3回切るだけでいい₎

 

調味料のポイントも2つ

①いい調味料を使う

②発酵した調味料は2種類入れる 

(醤油 味噌 塩こうじ ナンプラー 酒 みりん などは発酵調味料)

 

あんこがないときは リンゴを砂糖で炒めて中身に入れていいし 炒めたバナナでもいい^^

ケチャップとチーズでもいい なんでもいいんです^^

 

以前 餃子のプライベートレッスン会をやったことがありました^^

餃子の具は4種類用意しました

手前のボールから

①一般的な豚ひき肉と野菜

②合いびき肉と小松菜としめじ

③鯖の水煮缶とねぎ₍玉ねぎ青ネギ₎

④鶏ひき肉と春菊

です^^

 

ね☆ なんでもいいんです^^

 

しかも、みじん切りしなくていいから

子どもたちに切ってもらっても 手でちぎってもらってもいい♪

具がゴロゴロしているほうが

食べ応えもあるし 具の味が楽しめます^^

 

大事なことは 生地も具も 素手でこねること^^

 

ひとの手からは いつも「気」が出ています

一番出るところは おにぎりの角を作る場所🍙 かめはめ波がでるところです

だから どの作業も 素手でやってください^^

 

 

この教室で一番伝えたいこと

 

それは

「手作り」のすばらしさです

 

手で作った食べ物は

作ったひとと 食べた人の

心と体をつなげます

 

子どものことがよくわからないとき

自分に怒れるとき

旦那さんとうまくいかないとき

 

ご飯を作ってください

買ってきたお惣菜を素手で並べてもいい 手でちぎったキャベツを添えてもいい

ミニトマトを手で洗って添えてもいいんです

 

誰が作って誰が食べてもいい^^ 

食材と作ってくれた人に感謝して 食べましょう

 

子どもが料理に手を出したがるのは 誰かとつながりたいからです

もやしのひげ取りでも 野菜の皮むきでもいいんです

手で 食事を作る 楽しさと喜びと大切さを 感じてください^^

 

今回ご参加された皆さん 楽しんでいただけましたでしょうか?

餃子の皮の水量を間違えてごめんなさい -v-;

皆さんの オリジナルレシピができましたら

ぜひ教えてくださいね^^

 

『 最終回! 毎年思いながら 毎年続くこの教室 ^^ 』