助産院大地の休日

「山口さんはお休みすることあるんですか?」

 

という質問をよく受けます^^

 

「はい!もちろんです^^」

と即答しつつ

はて?と思って手帳を確認してみると

あんまりありませんでした -v-;

定休日は木曜ですが、ほとんど外部の仕事か 助産院の施術・教室が入っています

もちろん 私が自分で入れた仕事です

土曜日も朝から晩まで施術しています

日曜も仕事をすることもあれば 午後にはカンフー教室に行って

ジュニアの子たちと汗を流しています^^

 

でも休んでいる感覚はあります^^

脳の切り替えが得意なのかもしれません

武術太極拳をやっている時と 時間を気にせず家族のために料理している時

この2つが 頭を空っぽにして 体の声を聴けます

とても充実していますし リフレッシュできる時間です

 

この2つが仕事人としての私を支えてくれています^^

 

何も考えない時間と 人生の生きがい 

この2つの大切さは 施術に来られたお客さんにも お伝えすることがあります

 

施術して体が整ってきても 細胞が輝きだす人と いまひとつ細胞に氣が回らない場合があります

この差は 今その人が生きている時間に 生きがいがあるか? 頭のリフレッシュができているか?

によって生じると 最近考えています

 

たとえに 『お祭り』を挙げます

決まった服を着て 同じ目的で みんなが行動します

決まった掛け声や歌で呼吸機能を高め

あまり頭を使わない状態で なじみのある動きをし

そこには うまいも下手もなく 楽しいという快楽が存在します

これが1年の楽しみでもあり 頭を使わずに体を使える

素晴らしいリフレッシュ方法であり 細胞に氣が入って

キラキラ輝きだすわけです

しかも同じ地域の人とまとまって行うため

自然とコミュニティの力も上がって その地域もキラキラしてきます

 

こんな『お祭り』的な要素を 人生にいくつか持てるといいのです

 

私の場合は 自分の体に氣を入れられる方法・・・有効度の高いほうから

①武術太極拳(体を動かす)

②料理

③外食

④外出(特に川や海など水辺)

⑤瞑想

⑥カードボードゲーム ツムツム など ゲーム類

⑦ナンプレ

⑧ショッピング

⑨布団やシーツを洗う

⑩めっちゃ歌う

 

こんな感じです

苦手な裁縫は 体の氣を満たして縫う!

ではなく 氣の力で できるだけ裁縫という作業から逃げることを

選択します♪

 

皆さんにとっての 氣を体に満たしていく方法は

どんなものがありますか?

ぜひ聞かせてください^^

 

『 楽しさと 快楽の中で 発達す 』