娘と夏休みの宿題

夏休みも残りわずかとなりました^^

我が家は、子どもたちに「宿題をやれ!」とは言わず

本人たちに任せています。 やらない選択肢もあり^^

親に助けてもらう選択肢もあり。

高校生・中学生はもう親の助けは要らないのですが、

小学生の娘からは、作文作成のアドバイスが欲しいと依頼が来ました。

「まかせときー!」と快諾した私の後ろにいた 高校生のお兄ちゃん・・・

「・・・・泣きを見るな・・・俺の過去を思い出す・(¯―¯٥)・」

とつぶやいていました

・・・( ³ω³ )  どんな意味?!

 

娘がトライした作文は「挑戦したいこと」がテーマ

娘は、料理が大好きで、みんなが喜ぶお菓子づくり

に挑戦したい気持ちを作文にしていました。

 

親の指導スタート!

まずは、桃太郎を例えに、起承転結について説明。

なぜ、このテーマに決めたのか?思い出されるシーンはなに?

その時感じた気持ちは?周りのひとの動きは?

そんなことを娘に聞いて、作文の種になるカードを作成していきます。

 

この時から、お兄ちゃんは

「始まった!事情聴取!」とつぶやいていて・・・

・・・ん?どゆこと? ( ᵕᴗᵕ )✩

 

次は、それらのカードをもとに、文章を作っていきます。

最後は、それらを並べて、つなぎ合わせて作文にするわけです。

 

なぜ、こんなに娘に突っ込むのか?!

依頼を受けたからには、手を抜かないのが山口流だからです!

なぜ、厳しいと過去の指導経験者に言われるのか?

私が、過去に大学教員として働いていたという歴史があるからです。

論文作成やその指導も仕事だったからでしょう。

文章って、なかなかに難しく、直接話すよりずっと自分の気持ちを

伝えにくいのです。

だから、娘に言うことは2つ。

「あなたが見える文章を書こう」

「文章に温度をのせよう」  です。

・・・・あれ?・・・・難しいかな?( ˙▿˙ ; )

 

それでも、もともとおしゃべりで感受性豊かな娘は

自分の気持ちをどんどん表現していました。

聞いているこっちが幸せになるくらい^^

指導!!!と意気込んだ私でしたが

ただただ おしゃべりな娘を眺めて応援しているだけに

終わった時間でした♪

 

好きなお菓子の好みがバラバラの山口一家。

父は サクサクポリポリが好き

母は 卵が好き(カステラ、カスタード、プリン)

兄は うまいものが好き

姉は 綿菓子、パイの実、チョコレートが好き

   そして乳アレルギー持ち

本人は 果物、サクサクのチョコレートが好き

 

みんなの大好きをひとつにまとめたお菓子は

彼女の中でどんな形になるのでしょう?

お菓子の王様「ケーキ」

お菓子のエース「クレープ」

和菓子の王様「おまんじゅう・大福」

この3つを楽しそうに想像しながら 美味しい作文ができました^^

 

なんでもそうなのですが

好きなことをやるのが一番いいですね^^

好きなことをテーマにした娘は

作文のネタに困ることはなく ネタを捨てていくことのほうが

大変そうでした。

 

よく お母さんたちに

子どもに何をさせたらいいか?と聞かれます。

何をしてあげたらいいですか?とかです^^

例えば、

「フラッシュカードとか リトミックとか子どもに習わせたほうがいいですか?」みたいな質問です。

 

私の答えはこうです。

「子どもがしたいことを させればいいのでは?」

「あえて何かをしたいのであれば、毎日子どもに『大好きだよ』って

 言葉で伝えることがおススメです^^」

 

要は・・・

子どもが楽しければいいと思います。

そのためには、何をやるか?より誰とやるか?のほうが大事です。

 

たとえば、夢の国ディズニーランド。

ネズミやアヒルや熊のキャラクターに胸躍ると思いますが、

知らない有名な研究家や、知らない芸能人と行っても

きっとそんなに楽しくないはずです。

大好きな人と一緒なら、町内の公園でも、バス停のベンチにいても

楽しくて、豊かな気持ちになります^^

 

だから、子どもが好きな人と一緒に

好きなことを 好きなだけやることが一番大事です♪

 

娘が作文書きに飽きてきて

ダラダラし始めたら すかさずこう!

「飽きた? 作文やめちゃって 遊ぶか^^!」

すると焦り始める娘 

「もうちょっとやってから 休む!(・∀・;)」

とのこと

 

学校の宿題って たしかに大切だとは思います。

でも、私が校長先生だったら

こんな宿題にしたい

 

〇今まで見たことがない虫を1匹以上捕まえましょう

〇畑で野菜を収穫して それを使った料理を作りましょう

〇何もしない1日を過ごしてみましょう

〇今までやったことがない泳ぎ方をしてみましょう

〇学校の先生に宿題を1つ作りましょう

〇夏をテーマにした曲か歌を一曲作りましょう

〇1日 自分の家族の誰かになってみましょう

 例:1日お母さん 1日赤ちゃん 1日ポチなど

 

 

娘が校長先生だったら こうみたい

〇1年生には 全校生徒の前で自分の夢を語らせる!

ですと♪

 

皆さんだったら 何を夏休みの宿題にしますか?

皆さんのお子さんが ご家族が 皆さん自身が

豊かになる宿題を ぜひ考えてみてください ∠( `°∀°)/

 

『 生きること 楽しむことが 学びなり☆ 』